×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カレーをつくるときの鍋の焦げをなくす方法知ってますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
>

カレーをつくるときの鍋の焦げをなくす方法

カレーを作る時って、どうしても煮込むので、鍋の底が焦げ付いてしまったということありますよね。
カレーを作るときの焦げを予防するには、鍋のそばにつきっきりで、鍋をかき回すしかありませんよね。
でも、他のことができなくなってしまいますよね。
調理するのに時間をかけずに効率よくしたいですね。
シャトルシェフもありますが、時間を掛けて煮込んでいくという調理器具なので、すぐに美味しいカレーを煮込みたいという方にはちょっと向いていませんね。
フレーバーストーンのディープパンなら、カレーで鍋が焦げ付くことがないんです。

フレーバーストーンの詳細はここから
▼   ▼   ▼   ▼   ▼

いま話題の焦げ付きにくいフライパン『フレーバーストーン』フレーバーストーン

フレーバーストーン

フレーバーストーン


カレーで鍋が焦げないフレバーストーン

フレーバーストーンというとフライパンというイメージですね。フレーバーストーンの4点セットにはディープパン(煮込み鍋)が付いているので煮込み料理には最適なんです。
フレーバーストーンの長所(メリット)の一つは、もちろん焦げ付かないということですけど、熱の伝導率が均等で、専用の蓋をつかうことで熱対流効果も高くなるので、短時間で煮込み料理ができてしまうんです。
熱対流効果で熱が食材を包み込んでいるので、食材の旨味も逃しません。
カレーやシチューの煮込み料理も短時間でできてしまうんですね。
フレーバーストーンの特徴は焦げ付かないということです。フレーバーストーンは表面にスーパーストーンコーティングを施しているので、油もいらず調理できて、材料も焦げ付かないのです。煮込み料理でも、焦げ付かないので、安心ですね。
カレーは翌日おいしくなるというのは、よく知られていることですけど、フレーバーストーンのディープパンなら、翌日、カレーを温めるときも、水を足したりしなくても、焦げ付かせずに温めることができるので、味も薄まらないそのままの美味しいカレーを食べることができます。
カレーで焦げた鍋を洗う手間や焦げ付かせないようにする手間を考えたら、かなり役に立つ鍋ですね。
もちろん、カレー以外の料理でもフレーバーストーンのセットは大活躍してくれます。シチューなどの煮込み料理はもちろん、大きな肉料理のローストビーフも作ることができます。
フレーバーストーンの4点セットには、ソテーパン、キャセロールパン、ディープパン、ガラス蓋のセットにレシピブックがついています。
レビュー(感想)を書くと、23,940円が14,940円になるのでお得に購入することができますね。